スーモカウンターに相談していい工務店と知り合えた

失敗談なのですこし愚痴っぽくなってしまいますが読んでいただければ幸いです。

 

結婚後長くアパート暮らしをしていた私の母親から「知り合いの工務店で安く家が建てられるから、実家の駐車場に家を建てない?」と提案されたことが、私が家を建てるきっかけになりました。

 

スーモカウンターで紹介された工務店の方は、感じがよく、話し方も穏やかで「最初は出来ることと出来ないことがあるけど、まずはどんな家が建てたいか?

 

どんな家が好みかを具体化していこう。」と勧められました。

 

最新のハウスメーカーランキングなんかも参考にしました。

 

それから順に現実的な建築条件とすり合せを行っていきました。

 

当初は順調に進んでいた話し合いは

 

1)道路の斜線制限(隣地の通風や、採光などの確保を目的とした制限)
・希望する延べ床面積が確保できない
・そのため実家2Fに連絡通路をつくり風呂トイレは実家に建設

 

2)地盤調査結果から基礎の費用が拡大

 

などの困難ことがでてきました。

 

無理もありません。

 

親が建てろといった敷地はわずか10坪ほどの場所でした。

 

1年間相談に通い最終図面は1Fインナーガレージ(2台駐車うち1台は親の車両)、2Fリビングキッチン(15畳)、3F寝室(8畳)でした。1LKの住宅が3000万円という金額になっておりました。気づけば話は発注前段階で、地鎮祭を済ませてしまっていました。

 

銀行員の同級生に会いに行き、ローン相談にのってもらっていると「これ実家がだめになったらまたローンを組むことになるけど大丈夫?」と言われて、お恥ずかしながら初めて気が付きました(笑)。

 

結果は親と大喧嘩になってしまいましたが話を振り出しに戻しました。

 

終始感じがよかった工務店の方には大変申し訳ないことをしたと、何度も謝罪をしてお断りしました。

 

いまでも時々話題に夫婦で話題になるのは、有名な建築士先生のところに相談に行った際、建築条件などを1時間相談しただけで「うちだとこれくらいの金額になります。それでも良ければお受けいたします。」と高額な金額をはっきりおっしゃいました。

 

最初は「ちょっと有名だからって…」と不服もありましたが、後々になると「はっきり言ってもらって良かった。時間が無駄にならずに済んだ」と思うようになりました。

 

現在は、セミオーダー形式の注文住宅を購入し家族仲良く暮らしています。

 

しかし家を建てる際は、一生に一度の買い物なので大変な時間と労力がいる作業だと痛感しました。愚痴っぽく長くなりましたが私の体験談を書かせていただきました。

 

何かの参考になれば幸いです。

家造りのいろはを順序立てて説明してくれる

夫もわたしも30歳になるので、そろそろ家を持つのもいいという話になったので、まずは相談してみようと近所のショッピングモール内にあるスーモカウンターに行ってみました。

 

家を建てるということ自体が漠然としていたので、まず土地から購入して完全に自分たちで注文して建てる注文住宅にするのか、建売住宅にするのかでだいたいどれくらいの価格になるのかをまず教えてもらいました。

 

子どもたちのことも考えると、校区のこともあるのでだいたいこの辺りの範囲で考えていることを伝えると、かなり概算ではありましたが価格のイメージを出してもらえたので、その価格になってどのように購入するかも、頭金ありなしパターンやボーナス月に多く返済するパターン、毎月一定額支払うパターンなど、数種類提示してもらえたので、無理なく購入出来そうだねと夫婦で話しながら聞き、家を持つことをイメージしやすくなりました。

 

大まかなシミュレーションの後にさらに具体的にどんなハウスメーカーが合っているのかという話になったので、転勤族なので家を持っても人に貸すかもしれなくなることや、東海地方に住んでいることから今後東海トラフ地震が起こるかもしれないことを不安に思っていると伝えたら、家を貸すことになったときに人気があり、災害にも強いハウスメーカーを紹介してくださることになりました。

 

紹介されたのはいくつかのハウスメーカーがあったのですが、その中でわたしたち夫婦に合うのは、一条工務店と百年住宅ということでハウスメーカーについて詳しく教えてもらいました。

 

東海地方ではこの2つのメーカーが災害に強いということに重点を置いたときに外せないということなので、これから地震が来るかもという不安があっても納得して家造りが出来ると言ってもらい、安心しました。

 

相談しているときには知らなかったのですが、周りの友人や夫の会社関係の方も一条工務店や百年住宅で家を建てた方が多かったので、転勤が決まって人に貸すことになったときにもわりと人気があるのかなと納得出来ました。

 

現在は提案していただいた二社のハウスメーカーの住宅見学に参加したり、相談したりして、少しずつ家を買うことに向けて動き始めたところです。

 

自分たちではこんなに早くハウスメーカーを絞るところまでいかなかったと思うので、相談しに行って、わたしたちに合ったメーカーを提示してもらえて良かったです。